エンジンカバーの取り外し

 

必要な工具

 1. プラスドライバー

 2. 六角レンチ (4mm と 5mm) ※100円Shopで購入

 3. スパナ (10mm) ※100円Shopで購入

 

 

 

このエンジンを分解します →→→

矢印のところを外します。ここは10mmのスパナかな?

我が家のエンジンは、4mmの六角ボルトに変更しています。
なぜって?楽だからです。ただそれだけ。

ネジを変更したら、レギュレーション違反になったりして・・・。

2個のボルトを外すとこのように。

すると、ガソリンタンクとキャブレターがくっついています。

黒いホースを上に引っ張って取っちゃいます。

ガソリンタンクが取れた状態です。使ったのは六角レンチの4mmだけです。

※初めて分解するときは、六角じゃなくてスパナ10mmが必要かも??

スターターのカバーを取り外します。

まずは、プラグ付近にあるネジ(黄色い矢印)を外します。
たぶん、プラスドライバーが必要。

↓下へつづく

黄色い矢印の3個のネジを外します。
ここは4mmの六角です。

簡単にスターターカバーが取れました。
シリンダー側面とフライホイールが見えます。

初めて分解する人なら、この時点でかなり分解した気分になっているのでは?!

スターターカバーを外すと、ガソリンタンクの下に「ゴム」があったことに
気づくと思います。

これ大事にしておいてください。
ガソリンタンクをつけるときにまた使いますので。

矢印のネジを外すと、シリンダーのカバーが取れます。
カバーの取り外し完了!