ロビンエンジンのなぞ!

 〜 シリンダーの番号による違い その3 〜

  

    シリンダーの番号って? とお思いの方。〜その3〜 では「そもそも番号とは?」についてお話します。

     まず、キッズカートではなく、大人(ジュニアを含む)が乗るカートの世界ではシリンダー番号、ピストン

    番号という概念があたり前のようにあります。この番号による違いは、ピストンの径、シリンダーのボア径

    に関係しているとか。 (すいません・・大人のカートやったことが無いので詳しくは知りません・・。)

    そこでロビンエンジンでは?

     やはりピストンとシリンダーに番号があり、シリンダーの場合は側面に、ピストンの場合は内壁に

    番号が刻まれています。YR-HKSではカートを始めた当初、この番号の存在は何となく知っていたもの

    の、詳しくは分からず、徹底的に調査を実施いたしました。

      富士ロビン製のEC04、EC03シリーズにはそれぞれ数種類のシリンダーが存在しています(未確認も

    含む)。EC04には無番、1番、2番、3番、4番とあり、EC03は1番、2番、3番とあるようです。また最近

    ではEC04に5番、6番が存在しているとの情報も得ています。YR-HKSで確認したのはEC04の無番、

    2番、3番、そしてEC03の1番と2番です。この中でも良く回るとされているシリンダーはEC04の3番です。

     それぞれのシリンダーを目視で確認すると、一見違いは無いように思えます。違いがあるとすれば番号

    が刻印されていることぐらいです。しかし、無番シリンダーは圧縮が高く、3番シリンダーは良く回ります。

     そもそもこれらシリンダーは何のために作られたか??

     メーカー(株式会社富士ロビン)によると、シリンダーの番号は鋳造するときの金型の番号であり、エン

    ジン特性の改善のためではないとのことでした。以下メーカーからのコメントです。

    「番号による違いは全くないハズであり、違うとすれば、排気・吸気ポートの高さや大きさが微妙に違うか

     もしれない。メーカーとしては金型による違い(エンジン性能差)を把握しておらず、シリンダーの型番

    (541-*****-**)はどの金型で作られたものも同じ番号となっている。したがって、在庫品にどのシリン

    ダーが在るか不明である。」

     さらにポケバイを販売する会社からのコメントは以下。

    「ロビンエンジンは他メーカーの同排気量エンジンに比べるとトルクが劣るためポケバイのレースではほとん

    ど使われていない。昔にEC04の3番シリンダーが良く回るということで使われていた頃もあるが、現在では

    入手不可能なシリンダーである。」

     つまり、3番シリンダーは偶然出来たものであり、今後製造される金型でも、もしかすると良く回るのかも

    しれないってことですかね。

     やっぱり謎は深まるばかり・・・。