Kids Kartのページ 

  YRHKSでは、キッズカートを楽しむ家族を応援します。

  家族でキャンプへ行くような楽しみを、是非皆様にも!

  こちらでは、どうやってカートを始めるの? という疑問にお答えします。

  

 

  

  キッズカートのご購入は、こちら

 

キッズカートを始めるには・・・

  カート
サーキットへ行ってみる
     ↓
  キッズカート
スクールを受講する
(事前予約が必要な場合、多数)
     ↓
  カートを
借りる または 購入する
     ↓
  
練習に励む
     ↓
  レースにエントリーする
     ↓
  
優勝する
     ↓
  上のクラスのレースにエントリーする
     ↓
  
優勝する
     ↓
  もっと大きなカートへステップアップする
     ↓
    『途中省略』
     ↓
  
フェラーリのF-1ドライバーになる
     ↓
  
世界チャンピオンになる

  

 

キッズカートが走行可能なサーキット
 
(代表例)
 『関東地方』
   中井インターサーキット
   CITYKART
   茂原ツインサーキット
   クイック羽生
   ラー飯能
   オートパラダイス御殿場 (要事前確認)
   イタコモータースポーツパーク


   他、多数あります。
   (ここも走れるよ!という情報がございましたら、ご連絡ください。)
  


キッズカートを始めるには(準備編)


 『これだけ準備しておけば、とりあえず走れます』

   ガソリン    (ハイオク 出光がおすすめ)
   オイル     (2サイクル用混合オイル)
   混合タンク   (上の2つを混ぜ混ぜします。泡立たないように・・。)
   工具      (スパナ、ドライバー、ニッパー、ラジペン、プラスチックハンマー、他)
   エアゲージ   (空気圧の管理は重要です)
   チェーンオイル

 
『ドライバーに必要なもの(初級編)』


   ヘルメット      (フルフェイスのヘルメットが必要です)
   グローブ       (軍手でも まぁいっか)
   スーツ        (とりあえず、長袖・長ズボンならOK)
   ネックガード     (子供にとってヘルメットの重さはかなりものなので、首を守ってあげます)
   リブプロテクター   (上達してくると、硬いシートにあばら骨をぶつけて・・)
   レーシングシューズ (運動靴でもOK、靴底が薄い方が良いかなぁ)

  
雨が降ってきたら・・・
   レインスーツ    (雨の日に練習が上達への近道)
   ターボバイザー   (雨の日でも視界良好となるカート必須アイテム)

 
『これもあると便利♪』


   タイヤを巻くラップ  (梱包用品のラップを使用します。)
   パーツクリーナー   (カートをきれいにするとき使います)
   電動インパクト     (一度使うと、便利すぎて無くてはならないものに・・)
   キャンプ用のテーブルセット (お昼ご飯、子供の宿題 などなど必要になってきます)
   テント(タープ)     (真夏の日差しには耐えられません)
   ストップウォッチ    (タイム管理すると故障も見つけられます)
   無線機         (ドライバーに、「アクセルそこで踏む!」というときに便利。
                 でも、エンジンのノイズで聞こえないんだよなぁ・・)
   
 
『乗れるカートの目安』

   〜8歳ぐらい   キッズカート   エンジン排気量 30ccまたは40cc  身長 100cm〜
   7歳〜       ジュニアカート  エンジン排気量 60ccまたは100cc 身長 115cm〜


『キッズカート』


   アミゴン     ホイールベース   735mm     身長100cmぐらいから130cmまで乗車可能
 
      新車    メーカー希望小売価格    258000円  (エンジン、タイヤ付き)
      中古    10万円 〜 15万円ぐらい

      ※ カートスタンドが必要となります。


『ジュニアカート』

   Birel         ホイールベース   950mm     身長115cmぐらいから乗車可能
   TONYKART
   KOSMIC
   イントレピッド
   ザナルディー
   他

     新車     335000円〜360000円程度 (エンジンとタイヤは別売り)
     中古      80000円〜250000円程度 (エンジン付きのことが多い)

   ※ 身長115cm 〜 130cm程度の子は、『ジュニアペダルキット』など、ペダル延長キットが必要となります。
   ※ エンジンには コマー、KT、ミニROKなどがあります。   
                              

『予算』

    キッズカートの場合
     
      サーキット走行代   1日 5000円ぐらい
      ガソリン代        1日 2L〜5L
      オイル代         1日 100ml〜250ml
      お昼ごはん代      手作りならナシ
      交通費          高速代、ガソリン代

      レースエントリー   6000円〜10000円
      タイヤ          25000円程度     (1年に2セットぐらい)
      
      カートを壊して・・・
       部品代    1万円〜
      
      身長が伸びて・・
         レーシングスーツ    20000円〜
         グローブ          5000円〜

     年間予算
        30万円 〜 100万円  
        ※ レースのエントリー数、お父さんの熱中度により、かなり異なります。
   


   何かご質問がございましたら、
   ご遠慮なく、こちらまでメール
を下さい
 
キッズカートのご購入はこちら


↓クリックすると、エクセルファイルが開きますので、ギヤ比の計算をやってみて下さい。
ギヤ(Front, Rear)の所の数字を変更すれば、各回転数における車速、平均ラップタイムが出ます。
これは、コース長600mで計算しております。
コース長を変更すれば、どこのサーキットにも適用できます。

 

 

      Homeへ